チュニキャンが売れない理由と炎上の真相は?韓国出演の反応や評価も気になる

沖縄発進の今注目を集めているアイドルグループ、チューニングキャンディ(チュニキャン)を皆様ご存知でしょうか。

全国放送の地上波などにも最近出演をしていて知名度を少しずつ増やしている彼女たちですが、どんなアイドルなのかと思い調べたら炎上や、売れないなどのワードが出てきて気になったので調べてみることにしました。

Sponsored Links

沖縄が産んだアイドルグループ、チューニングキャンディ

2013年、沖縄のキャッツアイタレントスクール生により結成。

2014年までは5人で主に活動していたそうです。

2017年5月末には7人体制となり地元沖縄では多数のイベントに出演していて、メンバーそれぞれがモデル、女優と、タレントとして活躍してきたみたいですね。

ちなみに沖縄では知らない人はいないと言っても過言ではないくらいの知名度だそうです。

2018年3月のメジャーデビューをきっかけにメンバー全員で上京しています。

2020年9月時点で個人での活動をしているようです。

Sponsored Links

売れないと言われる理由は?

実際にネット上ので調べましたが、この売れないについては、有力な情報はありませんでした。

おそらくそのアイドルグループにもついて回る少数派のアンチの意見から生まれたワードなのかなと思います。

確かに結成してから7年ほど経っているので、スピード感としては少し足りない気もしますが、そこはローカルアイドルとしてスタートしたということも関係していると思いますし、事務所などの事情もあるでしょうから、これから少しずつ全国放送のテレビにもし出演していくという形でいいのではないかと個人的には思いました!

炎上事件の理由は??

炎上の理由について噂されているのが、IPPONグランプリに観覧者ゲストとして、出演した際にアイドルグループのJO1と記念に撮った写真が原因のようで、JO1ファンからバッシングを受けたようです。

・マスクもしないで横に立つな。

・ソーシャルディスタンスも取れてない。

・まだ売れていないのに同じ土壌に立つな。

などの批判のコメントが多くあり、プチ炎上という形になったということのようです。

これについてはJO1のファンの方同士でもそんなくだらないことでいちいち批判するななどの言い合いもあったようで、結果チュニキャン側でそのツイートは削除したみたいですね。

中には民度の低いファンもいるでしょうから嫉妬心などから生まれるちょっとした批判コメントが出てきてしまってのでしょうね。

韓国での反応が高い??

現在アイドルグループというとNIZIUやTWICEなどの韓国グループが人気なわけですが、そんな韓国に人気テレビ音楽番組に日本人として初出演し、歌を披露。

かなり好評だったようです!

目の肥えた韓国のアイドルファンから評価されたとのはとても大きいことなのではないでしょうか!

まとめ

以上簡単ではありますが、今回の調査結果となります。

売れないとの噂もありますが、少しずつテレビの出演も多くなってきているわけですし、これからの活躍が楽しみなアイドルグループと言えるでしょう!

それは以上とさせて頂きます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)