潰瘍性大腸炎の芸能人で休養中は誰?新薬2020年の種類も調査

どうもふゆすけです。

今回は全総理の安倍晋三さんも苦しめた難病、潰瘍性大腸炎について

2020年現在、上記病で休養中の有名人や芸能人、また新薬について

Sponsored Links

調べていきたいと思います!

潰瘍性大腸炎とは?

大腸の粘膜に慢性的な炎症が生じ、“びらん”や“潰瘍”といった病変が形成される病気のことで、
発症すると腹痛、下痢、血便(便に血液が混ざる)などの症状が現れ、重症な場合は発熱、体重減少、貧血など全身にさまざまな症状が引き起こされるとのこと。

日本では難病のひとつと言われているようです。

 

休養中の芸能人はいる?

 

調べましたが2020年現在で休養中なのは元総理の安倍晋三さん他

情報はありませんでした。

難病ですから少ないにこしたことはありませんね、、、。

参考までに過去に経験された有名人のかたを記載いたします。

  • 北川 悦吏子
  • 高橋 メアリージュン
  • 若槻 千夏
  • 須田 慎一郎
  • 佐々木 俊尚
  • 安達 了一
  • 重永 亜斗夢
  • 上田 春佳
  • ダレン・フレッチャー
  • スコット・スピード
Sponsored Links

2020年の新薬は?

2016年以降、「リアルダ」や「レクタブル」「ゼルヤンツ」などが承認を取得している。「リアルダ」は、持続的に有効成分が放出されるよう設計された5-ASA製剤であり、従来の経口メサラジン製剤は1日3回投与が原則であったが、リアルダは1日1回の投与で済むのが最大の特徴である。ステロイド剤「レクタブル」は国内初の泡状製剤(注腸フォーム製剤)である。

中等症から重症向けでは、2017年に抗TNF-α抗体「シンポニー」の適応拡大が承認され、2018年にはJAK阻害薬「ゼルヤンツ」も適応拡大の承認が取得された。

2018年には抗α4β7 インテグリン抗体製剤である「エンタイビオ」も発売され、治療薬の市場も拡大が予想されている。

医潤会内視鏡クリニックHPより引用

 

 

まとめ

以上今回の調査結果となります。

健康が一番、日々何事もなく過ごせていることを幸せだと

思わなくてはいけないですね!

それでは以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)