日本体操女子宮川紗江選手への速水コーチパワハラ暴力動画が公開!

どうも、ふゆすけです!

今回は体操女子コーチの選手への暴力行為があったとのニュースがあったので、

コーチの経歴や被害にあった選手の詳細を調査してみました!

さらに問題となった暴力の動画も公開され、コーチへの批判が集中していますね。

それでは本題にはいっていきます!

Sponsored Links

体操女子のコーチが選手へ暴力行為

指導中の女子選手に対する暴力行為があったとして、

速見佑斗・元コーチ(34

が日本体操協会から無期限登録抹消処分されたようです。

日本体操協会の報告では、速見元コーチは、2016年リオデジャネイロ五輪代表で今秋の世界選手権代表候補にも選ばれている、

女子選手(18)に対し、顔をたたくなどの行為をしたといいます。

時期は明らかになっていないようですが。目撃した他の指導者から報告があり、協会が聞き取り調査を行ったところ、速見元コーチが事実を認めたとのこと。

協会の山本宜史専務理事は

「大変遺憾で、おわびしたい。倫理規程、行動規範の周知を徹底し、暴力行為を排除していきたい」

と話し、今後は、同協会が指導者の確保、練習場の提供などを通じて女子選手を支援する予定になっているようです。

 

コーチの詳細

名前:速見佑斗(はやみ ゆうと)

生年月日:1983年9月27日

年齢:30歳(2018年8月現在)

出身地:長崎県佐世保市

住所:埼玉県志木市在住

出身大学:日本体育大学

 

暴行の内容は??

スポーツ界でパワハラ行為が次々と発覚しているここ最近で、今度は体操業界での暴力行為ですね。

見た目は優しそうですが。

人は見かけによらないとこのことですね。

関係者からの暴力行為の内容は以下のようなものだったそうです。

選手の顔を叩く

髪の毛を引っ張る

怒鳴りつける

などのパワハラ行為があったようです。

速見佑斗コーチは日本協会の調査に対して、暴力行為を認めているということです。

怒鳴る監督やコーチはいそうですが、その暴言もおそらくひどいものだったのでしょうね。

Sponsored Links

暴力動画が公開

 

 

この動画は3年半ほど前のものだそうで当時、宮川選手と速見コーチが所属していた、埼玉県内の体操クラブの練習場で撮影されたもの、撮影したのは、同じクラブに通っていた関係者だとのこと。

この関係者によると、こうした行為は頻繁に行われていたようで、宮川選手は暴力行為後に流血したり、頭痛を訴えていたこともあったという。

いくら指導とはいえあまりにひどいですね。

また、この関係者は、5日の速見コーチの会見について、

「一見、反省しているような態度をしているものの、暴力に至った詳細を語らなかったことに誠意を感じられない」

と述べていたようですね。

被害者の宮川紗江選手

 


名前:宮川紗江(みやかわ さえ)

出身地:東京都西東京市

生年月日:1999年9月10日

年齢:18歳(2018年8月現在)

身長:141cm

体重:34kg

代表:2014年~

2歳のときから体操を始めた宮川紗江選手は、子供の頃からスポーツが得意であり、校内リレーの選手に選ばれたこともあるとのことです。

2013年には女子ジュニアナショナル選手に選出され、2014年に14歳で出場し、「NHK杯」で7位、「南京ユースオリンピックに出場」では5位と好成績をのこした選手。

同年に出場した「全日本選手権」では、跳馬で優勝しゆかでも2位に入るなど、将来のメダル候補として大きな注目を集めていたようですね。

2016年にはリオ五輪に16歳で出場しましたが、惜しくも予選敗退となりましたが東京オリンピックの有力候補としても期待されていたとのことです。

 

まとめ

以上今回の調査結果となります。

まずは今回被害にあった選手が無事体操を続けられることが一番ですね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)