運転中のスマホ操作はホルダーに固定すればセーフって嘘か本当か。

こんにちわふゆすけです!

みなさんお使いのスマホも進化を続け、超多機能携帯は年齢に関係なく多くの方に使われております。

1昔と違いただの連絡ツールであるだけでなく、Facebook、Twitter、LINEなどの様々なSNSの登場で画面を見る時間がなくなってきております。

そんな中その便利さからスマホが原因による事故が増加しているのは皆さんご存知だと思います。

とは言っても、運転中にスマホをいじったことがないという人はほとんどいないでしょう。

常に更新されるSNSの情報や、トップ画面に出てくるその他インターネットニュースの情報発信など、

ちょっとした時間に無意識に携帯を見てしまうというのは今の時代となってはもはや普通ですよね。

携帯関係の取り締まり対象はあくまで運転しながらというところがネックなのですが、

信号待ちなどの停車中に停止しているから大丈夫と思ってスマホ画面を覗く人は多いでしょう。

実際に私も経験あります、

と言うよりかは現在進行形でやってしまいます。

なにげに停車中に注視しすぎるのも危険で渋滞の際など、前方の車が進んだと思いアクセルを踏んだ瞬間、

携帯を注視しすぎていたせいで交通状態を把握できておらず、思ったより進んでいなかった前の車にぶつかりそうになったりしてヒヤッとしたことがある人もいるでしょう。

運転中ともなればさらに危険を増します。 そしてその危険運転への罰則は点数だけではなく罰金も課せられています。

そんな中過去に2度携帯で捕まったことがあるのですが、

2度目に捕まった際に取り締まりをしていたダンディーでフランクな感じのおまわりさんからヒョンなことを聞きました、、、

 

「携帯いじるならホルダーに固定していじったほうがいいよ」

そんなことを取り締まっている警察官のあんたが言っていいのかよとも思いましたが、

ふと保育園時代から一緒の同級生が警察官だったことを思い出し、単刀直入に聞いてみようと思いました。

その友人からすると、

運転の際の安全を図るため産まれたスマホホルダーに固定して操作している状態を検挙すると言う事は今のところ罰則対象として見ていない。

単純に言うと交通事故を減らすために生まれてきたアイテムを全く無効にするような法は無いという事。

なんだかうまいことできていますよね、

スマホホルダーを開発しヒットさせた人は爆発的な利益を上げていますでしょうし、

そよビジネスに参入した大手企業も多い訳で世の中の色んな力が絡んでいそうですよね、、、

という話は置いといて、

なんにせよ

超グレーゾーン

という事。

その後知り合いと出かけていた際、一時停止の取り締まりで捕まった時についでに知り合いにその事についておまわりさんに聞いてもらったのですが、

そこについては何とも言えないという超グレー回答だったそうで、

絶対とは言えませんが極端で無い限りはおそらく捕まらないと思います。

とは言え結果事故を起こす原因に変わりはないですし、事故を起こしてしまえばそれまでです。

人身事故など起こしたら自分どころか相手の人生まで狂わせてしまいますからね。くれぐれも皆さま安全運転を日頃から心がけてくださいね!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)